結婚指輪の魅力を知ろう|あなただけのキラキラリング

相場と素材について

wedding ring

基本的に婚約指輪にはダイヤモンドが使用されています。一時期「3ヶ月分の給料」だというキャッチフレーズが日本で流行っていました。そのため指輪は価格が高いというイメージを持つ人が多くいましたが、実際には年収のおよそ7~10%の価格帯の指輪を選択する人が多いのです。結婚指輪の場合は、男性と女性合わせてもおよそ20万円程の価格の結婚指輪を購入する人が多く、日本で制作されたものだけではなく外国で制作されたものも同じです。基本的に男性よりも女性のほうが結婚指輪は高いものを購入する傾向があります。それは、宝石があるかないかなのです。婚約指輪と重ねて身につける事ができるセットの場合は、デザインが優れており、比較的宝石が付いてくることが多いのです。結婚指輪は購入する年によって相場に違いがあることがあります。理由としては、結婚指輪に使用されている素材の金やプラチナの価値が年々違うからだと言えます。

毎日身につけていることが多い結婚指輪は、長い間身に付けることができるように耐久性に対応できる素材が使用されています。そのため一般的なアクセサリーに使用されている変色をしてしまうようなシルバーは結婚指輪には不向きであるため、基本的には使用されていないのです。また、金属アレルギーに悩む人に人気の高いプラチナは、金よりも価値があります。世界的に人気の高い金は、素材の組み合わせ方で強度を変えることが出来ます。また、傷や汚れも特別な機材を使い落とすことができるので長年愛用することができます。